神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

神経の痛みとは

神経因性痛(神経の痛み)には「神経系の一過性の機能異常による痛み」と「神経障害性疼痛」に分けられ、「神経障害性疼痛」はさらに「末梢神経の損傷や機能異常による病的な痛み」「中枢神経の損傷や機能異常による病的な痛み」「 薬物療法、放射線療法による神経障害痛」に分けられています。 ただ、神経因性痛(神経の痛み)は、一般的には末梢神経と中枢神経の障害や機能障害による痛みを指します。

神経系の一過性の機能異常による痛みとは、病的でない機能異常による痛みです。例えば、正座姿勢から立ち上がった直後に感じるジンジン・ピリピリ感・振動感覚・痛みです。

神経障害性疼痛(末梢神経の損傷や機能異常による病的な痛み)とは、末梢神経の損傷などが原因の痛みです。末梢神経系と中枢神経系の過敏化(感受性の亢進)によって生じる痛みです。
神経障害性疼痛(中枢神経の損傷や機能異常による病的な痛み)とは、中枢神経系の異常による痛み(中枢性疼痛)です。これら末梢神経および中枢神経の痛みは、求心路遮断痛や交感神経依存性疼痛を含みます。

※神経には、中枢(脳)から末梢(体の各部)の方向に情報が伝わる遠心性神経と、末梢から中枢の方向に情報が伝わる求心性神経があります。

※求心路遮断痛とは、末梢からの感覚入力が絶たれた後に生じる痛みです。
感覚機能が傷ついた部位において、中枢側のニューロンの活動が異常に亢進すると、障害された部位に刺激を与えなくても感じる痛み(自発痛)や異常な誘発痛が起こります。

※交感神経存性疼痛とは、交感神経活動遮断で疼痛が改善する痛みの総称です。
これに対して交感神経非依存性疼痛は、交感神経活動を遮断しても痛みが軽減しない痛みの総称です。

 - 神経の痛み

PC用

PC用

  関連記事