神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

痛みの悪循環

痛みの悪循環とは、外傷や疾病などの痛みがきっかけで生じる「痛みが痛みを生むサイクル」です。痛みを我慢し続けたり放っておくと、痛みの悪循環に陥って、痛みが慢性化したり、痛みが強くなったり、さらに元々の痛みの原因がなくなっても痛みの悪循環が残り続けることさえあります。

痛みの悪循環は「痛みを感じる→血行が悪くなる→痛みを起こす物質が発生する→痛みを感じる」が繰り返される負の連鎖です。
痛みでどうして血行が悪くなるのでしょうか?炎症など痛みの原因が生じると感覚神経がその刺激を脳に伝達することで脳が痛みとして認識するのですが、同時に痛み原因になっている部位に繋がっている運動神経や交感神経も刺激することで、運動神経が緊張して筋肉が収縮し、交感神経が緊張して血管が収縮します。その結果、血行が悪くなってしまします。
血行不良になるとどうして痛みが強くなるのでしょうか?痛む部位の血液循環が悪くなると、その部位の酸素や栄養が滞ります。その結果、痛みを発生する化学物質(発痛物質)が産生されて、元々の刺激に発痛物質による新たな刺激が加わって、痛みが強まる「痛みの悪循環」が作られます。

痛みは不快な感覚であり、不快な情動を伴うものです。そして痛みはQOLを左右する要素です。軽い痛みだからといって放っておくと痛みの悪循環に陥って我慢できない痛みになったり、痛みが慢性化したりすることもあります。痛みの悪循環に陥って痛みの慢性化を引き起こさない適切な治療が大切です。痛みは早期に解消するのがよいと考えられます。

 - 神経の痛み

PC用

PC用

  関連記事