神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

中枢神経と末梢神経

神経痛は何かしらの原因で末梢神経が刺激されて起こります。神経の働きや役割を知ることは神経痛を理解する助けになります。神経を役割で分類すると中枢神経と末梢神経の2種類に大別されます。ただし、中枢神経と末梢神経には構造的に明確な境界線があるわけではありません。

中枢神経とは、脳と脊髄のことです。脳は頭蓋内に保護され、脊髄は脊柱管で保護されています。中枢神経は末梢神経からの情報を受け取ったり脳の指令を末梢神経に伝達したりする重要な役割があります。

中枢神経から出ているのが末梢神経です。神経痛に大きく影響する末梢神経は中枢神経から枝分かれして、途中で合流したり、また枝分かれしたりして、身体の末端に至るまで張り巡らされています。末梢神経は目耳・手足・体幹・内臓など全身に分布しており、身体の情報(刺激)を脳に伝えたり、逆に脳からの指令を身体の各部位に伝えるといった働きをしています。

全神経の中心である中枢神経は破損や断裂といった損傷を受けた場合は再生は困難です。一方、末梢神経には損傷の程度(神経の断裂に関しては「Seddonの分類」があります。)によりますが回復能力があります。

※脳は大脳と脳幹(間脳・中脳・橋・延髄)からなります。

※間脳は視床、視床上部、視床下部からなります。

 - 末梢神経とは

PC用

PC用

  関連記事