神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

体性神経系と自律神経系

神経痛と関わっている末梢神経は、いくつかの方法で分類されます。末梢神経をニューロンがつながる組織で分類すると、体性神経(脳脊髄神経系・随意神経系)と自律神経系(不随意神経系)に分類されます。末梢神経を神経線維が出入りする部位で分類すると、脳神経(脳と連結する末梢神経)と脊髄神経(脊椎と連結する末梢神経)に分けられます。

体性神経は骨格筋・皮膚・筋膜・骨膜などの体性組織につながる末梢神経で、体の知覚感知や運動制御といった自分の意思が関わる神経です。動物性機能に関係する神経であることから動物性神経と呼ばれます。自律神経系(不随意神経系)は平滑筋・心筋・腺などの内臓組織につながる末梢神経で、循環・呼吸・消化・内分泌・体温など生命活動の維持の調節といった自分の意思が関わらない神経です。植物性機能に関係する神経であることから植物性神経と呼ばれます。

※神経線維(神経繊維)とは、神経突起ともよばれる神経細胞の一部が細長く伸びた部分で、軸索突起と同様の意味で使われます。神経線維によって情報が伝えられますが、肉眼で見えるいわゆる神経とは神経線維束(神経線維の束)とそれを取り巻く結合組織です。

※ニューロンとは、情報処理に特化した脳にある神経細胞です。たくさんのニューロンが複雑に結合して神経回路網を構成しています。ニューロンの結合部をシナプスと呼びます。シナプスを介して信号(情報)を受け取ったり伝えたりして情報処理をしています。

 - 末梢神経とは

PC用

PC用

  関連記事