神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

神経痛の主な種類

神経痛の痛みは発作性で反復性であるのが特徴です。また神経痛は特定の末梢神経が支配する領域に痛みが現れるのが特徴であることから、神経痛には痛みの場所(痛みの起こる神経のある場所)によって多くの種類の神経痛に分けられます。

よく知られているものとしては坐骨神経痛、肋間神経痛、三叉神経痛(顔面神経痛)が代表的な神経痛として挙げられます。他にも、痛みの場所によって、舌咽神経痛・後頭神経痛・膝状神経節痛・翼口蓋神経節痛・迷走神経痛・非定型的顔面痛・上腕神経痛・大腿神経痛・閉鎖神経痛などがあります。

※痛みの原因が特定の病気による場合は、神経痛はその病気の症状の一つになります。痛みの原因になっている病気が不明な場合は、痛みが現れる末梢神経の名前に「痛」をつけて、例えば坐骨神経痛という病名になります。痛みの原因になる病気がはっきりしているかどうかで、前者は症候性神経痛、後者は特発性神経痛(原発性神経痛)と呼びます。

※神経が障害されて起こる痛みを神経障害性疼痛と呼びます。いわゆる神経痛のことです。

 - 神経痛の種類

PC用

PC用

  関連記事