神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

神経痛の場所・腰脚足

神経痛の場所が腰・下肢(大腿・下腿・足)の場合、坐骨神経痛が代表的な神経痛として挙げられますが、そのほかの神経痛としては、腸骨下腹神経痛・大腿神経痛・閉鎖神経痛・外側大腿皮神経痛・尾骨神経痛などがあります。

腰や脚足におこる神経痛

 坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、坐骨神経が原因で痛みが起きる神経痛です。坐骨神経は最大最長の末梢神経で、大腿(太もも)後面から足部の広範囲を司る神経ですから、この神経痛で痛む場所は、片側の臀部(おしり)・大腿の後面、ふくらはぎと広範囲で、足の甲・踵・くるぶしまで痛みが響くことがあります。

 大腿神経痛

大腿神経痛とは、大腿(太もも)の前面と側面を支配する大腿神経が原因で痛みが起こる神経痛です。大腿神経は、腰から下肢にかけての神経系統として座骨神経と対をなしています。この神経痛で痛む場所は、太もも前面から内側・下腿内前側です。坐骨神経痛と大腿神経痛の区別は、坐骨神経痛の痛みの場所は下肢の裏側であるのに対して、大腿神経痛は下肢の表側であるのが特徴です。

 外側大腿皮神経痛

外側大腿皮神経痛とは、大腿の前面と外側の感覚を司る外側大腿皮神経が原因で痛みが起こる神経痛です。大腿外側皮神経痛とか知覚異常性大腿痛とも呼ばれる神経痛です。この神経痛で痛む場所は、主に大腿(太もも)の外側、股関節の周辺です。外側大腿皮神経は感覚だけを司る神経で運動を司らないので、足の麻痺や歩行に支障が起こることはありませんし、大腿内側や膝から下にも症状は出ません。

 閉鎖神経痛

閉鎖神経痛とは、閉鎖神経(大腿内側面の皮膚の知覚神経や股関節を構成する内転筋を支配する神経)が原因で痛みが起こる神経痛です。この神経痛で痛む場所は、膝から大腿内側・股関節部です。閉鎖孔ヘルニア(坐骨・恥骨・腸骨に囲まれている三角形の空隙が閉鎖孔で、この閉鎖孔の外上方に閉鎖神経・閉鎖動静脈が通る閉鎖管があります)が原因といわれていますが、腹部症状がはっきりしないため、閉鎖神経圧迫症状が神経痛や股関節痛として治療されていることが少なくないようです。

 - 神経痛の種類

PC用

PC用

  関連記事