神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

骨が原因の神経痛

特定の末梢神経の支配領域に生じる反復性の鋭い痛み症状が神経痛です。神経痛は脊椎(背骨)が変形して脊髄から出ている末梢神経の根もとが圧迫されたり刺激されておこることが多いです。

脊椎(脊柱・背骨)は椎骨(頚椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨)の積み重ねで、椎間板・靭帯などが支えています。脊椎(脊柱・背骨)の中にあるのが脊髄で、脊柱管で守られています。この椎骨と椎骨の間の隙間(椎間孔)から出ている脊髄神経が頸髄神経・胸髄神経(肋間神経)・腰髄神経、仙髄神経、尾髄神経神経です。

脊髄神経は、椎骨が少し神経の流れを圧迫するだけでも敏感に反応して神経痛や他様々な神経障害を引き起こします。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった脊椎の変形が神経痛の原因になっています。椎間板ヘルニアでは、椎骨の間にある椎間板の一部が飛び出して神経の根元(神経根)を圧迫します。脊柱管狭窄症では、神経が通っている脊柱管が狭くなって神経を圧迫します。

圧迫・刺激などによる神経根の痛みを神経根性疼痛と呼びます。椎間板ヘルニアは若い人に多いのに対して、脊柱管狭窄症は中年以降に多いです。骨粗しょう症の場合は圧迫骨折を起こしやすいです。これも神経痛の原因になっていることがあります。

頚椎(頸髄神経)が原因の神経痛では頚椎症性神経根症、胸椎(胸髄神経・肋間神経)が原因の神経痛では肋間神経痛、腰椎(腰髄神経)が原因の神経痛では坐骨神経痛があります。
このように神経痛の原因が骨にあるときは整形外科が治療する領域にになります。

※末梢神経を神経線維が出入りする部位で分類すると、脳神経と脊髄神経に分けられます。脊髄神経は四肢と体幹を支配する神経です。

 - 神経痛の原因

PC用

PC用

  関連記事