神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

神経痛は何科

神経痛は何科に行くのがよいでしょう?神経痛かもしれないときの初診に適した科は?何科を受診すればよいかは、痛みが現れたきっかけや症状などによって違ってきます。
外傷や事故といった痛みの原因となる出来事に思い当たる、身体を動かすと痛みや痺れが酷くなる場合は、筋肉や骨格系の異常の疑いがありますから、整形外科で診察を受けます。特に思い当たる原因もないのに痛みがある、動かさなくても痛みや違和感が起こる場合は、内臓疾患や感染症の疑いがありますから、内科で診察を受けます。

特定の末梢神経の支配領域に発作性で反復性の鋭い痛みの症状があるのが神経痛です。受診科の目安としては、痛む場所が肋骨に沿う典型的な肋間神経痛なら整形外科、痛む場所が坐骨神経の支配領域(お尻から太ももの裏・ふくらはぎ・かかと)の坐骨神経痛は整形外科、帯状疱疹の後の神経痛ならば内科になります。

神経痛の原因は内科的疾患や整形外科的疾患などさまざまです。原因を特定してもらって適切な治療をしてもらうのが大切です。最初に受診した科で原因が不明な場合は他の科の受診が必要になることがあります。神経痛の裏に重篤な病気がかくれていることもあります。自己判断は危険です。おかしいと思ったら病院にいきましょう。

※神経痛を扱う科としては、整形外科、内科、神経内科、麻酔科(ペインクリニック)、脳神経外科などがあります。

 - 神経痛の治療

PC用

PC用

  関連記事