神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

坐骨神経の構造と役割

坐骨神経痛とは、坐骨神経の支配領域に痛みが起こる神経痛です。第4・第5腰椎と第1~第3仙骨から出る幾つかの神経が一つの束になった坐骨神経は、通常骨盤内から後方臀部に出るときに梨状筋と呼ばれる筋肉の下を通って大腿の後面を下降して、膝の位置より少し高い膝の裏側で総腓骨神経と脛骨神経に分かれているといわれています。坐骨神経は皮膚に近い位置を走っているのが特徴で、そのため外部からの圧迫の影響を受けやすいです。

坐骨神経の役割は、脳からの運動指令を伝えて、歩く、身体のバランスを取るといった働きをしていますが、知覚神経・運動神経・自律神経の繊維を含む坐骨神経が障害されると、それぞれの神経障害が出てきてしまいます。知覚神経が障害されると、筋肉の痛みや感覚異常(しびれ感、感覚過敏や感覚鈍麻)の症状が現れます。運動神経が障害されると、間欠跛行などの歩行困難や立っていられないなどの症状が現れます。運動障害に先立って感覚障害の症状が出ることが多いです。

※背骨(脊柱)は上から頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨の順にならんでいます。

 - 坐骨神経痛とは

PC用

PC用

  関連記事