神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

坐骨神経痛の代表的症状

坐骨神経痛の症状がでる場所は、お尻、太ももの裏側、ふくらはぎ、足で、坐骨神経はとても長い神経ですから、広範囲に症状が出る可能性があります。一部分だけ坐骨神経痛の症状を強く感じることもあれば、全てに強く感じることもあります。殆どの場合、片側に症状が現れます。

左右両側に症状が出ている場合は早めに整形外科を受診してください。坐骨神経痛が悪化すると排尿障害や排便障害がでることがあります。また、坐骨神経痛の痛みが長期間になると、お尻の筋肉が萎縮することもあります。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の代表的な症状はおよそ次の通りです。

  • 腰の痛み、臀部の痛み
  • 太ももの裏がわ、ふくらはぎや足にかけての痛み・痺れ
  • 体を動かすと痛みや痺れが悪化する
  • 痛みのため歩行が困難になる
  • 足に力が入らなくなる
  • 足の筋肉が左右で差が出てくる

坐骨神経痛によくある症状の他に、痛みや痺れが長引いていたり、次のような症状がある場合は、内臓疾患や腫瘍が原因かもしれませんから、早急に受診してください。

  • 足に力が入らなくなった
  • 歩行困難になった
  • 排尿障害(失禁)・排便障害(肛門周囲の痺れ)が見られる
  • 横になって安静にしていて下肢の痛みが強まる

 - 坐骨神経痛の症状原因

PC用

PC用

  関連記事