神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

坐骨神経痛に似た病気

坐骨神経痛に似た症状の病気があります。バージャー病や閉塞性動脈硬化症をはじめ、前立腺がんや子宮筋腫も坐骨神経痛に似た症状が出ます。痛みの原因を突き止めることが重要です。

坐骨神経痛に似た症状を伴う病気

 バージャー病

バージャー病はビュルガー病または閉塞性血栓血管炎とも呼ばれる血流障害による難病指定特定疾患です。バージャー病の原因は不明ですが、喫煙と深い関係があります。患者のおよそ9割が男性で、しかも20~40才の比較的若い喫煙男性です。受動喫煙を含めると殆どが喫煙歴があるといわれています。
バージャー病の症状は四肢(主に下肢)の末梢動脈内膜の炎症で動脈が閉塞することで血流障害が生じ、指趾の冷感や痺れの症状に始まり、歩行障害(間欠性跛行)、安静時の激しい痛み、酷くなると潰瘍から壊死に至ることがあります。治療の基本は禁煙厳守です。

 閉塞性動脈硬化症(ASO)

閉塞性動脈硬化症は、手足の血管の動脈硬化で血管が狭くなったり詰まったりして血流が悪くなることで、手先や足先に十分な栄養や酸素が供給できなくなる病気です。足の痺れや冷感、間欠性跛行、安静時の痛みといったバージャー病と同様の症状が現れますが、閉塞性動脈硬化症(ASO)は高齢者(50歳代以降の男性に多い)に多く、40歳以下の若年者には殆ど発症しません。
全身の血管に動脈硬化をきたしている可能性も高いと考えられます。閉塞栄動脈硬化症の治療は、動脈硬化の原因になっている高血圧・糖尿病・脂質異常症などの基礎疾患の治療ですが、禁煙が重要です。

 - 坐骨神経痛の症状原因

PC用

PC用

  関連記事