神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

梨状筋症候群の症状原因

梨状筋症候群は臀部の深部にある梨状筋という筋肉が原因で生じる痛みや痺れなどの症状の病態群です。梨状筋症候群の症状は骨格系が原因の坐骨神経痛に似ており、臀部から大腿部、ふくらはぎにかけて、時にはつま先まで、慢性的な持続痛や鋭く刺すような痛みや痺れが生じます。

梨状筋症候群の原因は、梨状筋のトリガーポイントによる関連痛、梨状筋による坐骨神経の圧迫・絞扼、仙腸関節の機能的障害で、それらが単独または重複した症状といわれています。電気が走るような痛みを訴えることが多く、痛みがある側を下にして横になると症状が悪化する傾向があります。

梨状筋症候群の発現は、スポーツ障害や外傷のほかに、労働や日常生活の中での動作や姿勢といった生活習慣が誘発原因になります。梨状筋症候群は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など腰椎の疾患が原因の坐骨神経痛と間違えられやすく、男性よりも女性に多い病気です。

※梨状筋とは、臀部を構成する筋肉群の一つで、臀部の深部にある筋肉(いわゆる深層筋とかインナーマッスル)です。梨状筋は仙骨から股関節(大腿骨の大転子)に付着して、臀部の筋肉群を補助する役割(主に膝を外側に向けるように大腿骨を外へ回旋する働き)があります。

 - 坐骨神経痛の症状原因

PC用

PC用

  関連記事