神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

梨状筋による圧迫・絞扼

梨状筋症候群の原因として、梨状筋による坐骨神経を含む神経や血管の圧迫・絞扼があります。梨状筋による神経の圧迫・絞扼の症状として、臀部痛や坐骨神経痛の症状が現れます。
大坐骨孔の限られた間を通る梨状筋の短縮・収縮に伴って坐骨神経を含む神経や血管が圧迫されるのは避けられず、加えて、臀部の他筋肉の梨状筋への影響、梨状筋のトリガーポイントによる関連痛や他筋肉への影響、また梨状筋と坐骨神経の位置関係によって、梨状筋に端を発した痛みや痺れが生じることになります。

臀部の深層にある梨状筋は、梨状筋の上にある大臀筋・中臀筋・小臀筋の影響を受けます。大きな筋肉が緊張すると深層にある梨状筋を圧迫する結果、梨状筋の下を走行する坐骨神経を圧迫して、お尻から膝裏、ふくらはぎにかけて鈍い痛みや痺れが生じます。坐骨神経は腓骨神経と総腓骨神経の2本からなり、坐骨神経の多くは2本とも梨状筋の下を走ります。中には、先天的に坐骨神経が梨状筋に圧迫されやすい位置関係(坐骨神経が2本とも梨状筋を貫通、一本だけ貫通などの走行)によって、症状が出やすい人がいます。

椎間板による坐骨神経の圧迫では下肢に広がる坐骨神経痛に加えて腰痛を伴うことが多いのですが、梨状筋による坐骨神経の圧迫ではあまり腰痛を伴わないという点で、痛みに違いがあります。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった骨格系の坐骨神経痛の治療でなかなか症状が改善されない場合は、梨状筋による坐骨神経の圧迫・絞扼による梨状筋症候群かもしれません。

筋肉別のトリガーポイントと関連痛

ハムストリング筋(太ももの裏側にある筋肉):ハムストリング筋のトリガーポイントはお尻から太ももの裏にかけての痛みや痺れが出ます。

大臀筋(お尻の一番浅い所にある筋肉):大臀筋のトリガーポイントは、お尻全体にじっと座っていられないような痛みや痺れが出ます。

中臀筋(お尻の中層部にある筋肉):中臀筋のトリガーポイントは仙骨の周囲を中心に臀部から大腿部外側面に痛みや痺れが出ます。

小臀筋(お尻の一番深部にある筋肉):小殿筋のトリガーポイントは太ももの外側面や後面、ふくらはぎから足首までに痛みや痺れが出ます。

 - 坐骨神経痛の症状原因

PC用

PC用

  関連記事