神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

梨状筋と仙腸関節障害

梨状筋症候群の原因として、仙腸関節の機能障害があります。仙腸関節は脊椎の根元にあって、仙骨と腸骨の間にある関節で、周りの靭帯で強く連結されており、背骨を支える安定性だけでなく、わずかに動く可動性によって体前屈・なめらかな二足歩行といった体の動きに関わる働きを持つ関節です。不用意な動作、繰り返し加わる負荷、長時間の同じ座り方などによってズレや動きの悪さが仙腸関節に生じ、痛みや痺れの症状が生じます。

仙腸関節の機能障害は梨状筋性の筋筋膜性疼痛症候群MPSと合併していることが多く、仙腸関節障害は珍しい疾患ではなく、性別年齢に関係なく発症し、出産後の腰痛は仙腸関節障害が多い、といわれています。

仙腸関節障害の症状は、仙腸関節を中心とした痛みが一般的ですが、臀部や鼠径部(脚の付け根)、下肢への放散痛も見られます。仙腸関節障害の痺れの症状は「びりびり」「じんじん」といった表現が多く、痛み方は、座っていると痛みが増す・上を向いて又は痛い側を下にして寝ると痛みが増す・階段の上り下り(特に昇り)で痛い・月経時に痛みが増す・妊娠出産をきっかけに症状が現れた又は悪化したなどです。
仙腸関節障害の治療は、保存療法として安静・消炎鎮痛剤・骨盤ベルト・姿勢の指導・仙腸関節ブロック注射・マニピュレーションなどのほか、骨盤固定術などの手術があります。

 - 坐骨神経痛の症状原因

PC用

PC用

  関連記事