神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

坐骨神経痛は病院の何科?

坐骨神経痛は病院の何科を受診したらよいでしょう?何科で診断を受けたらよいかは、痛みが生じた過程や症状によって違います。病院の診療科別に例を挙げると次のようになります。

整形外科を受診

○重い物を持った・激しい運動をした・高い所から落ちたなど、はっきりとした原因が思い当たるならば、骨折や脱臼の可能性があります。少し違和感がある程度であっても、後になってから症状が悪化することもありますから、診断を受けておくことをおすすめします。

○重い物を持ったりした後で、徐々に症状が現れてきた場合は、炎症性の捻挫の可能性があります。炎症が靭帯にまで及んでいたり、腰骨や骨盤の異常も考えられます。

○体を動かすと痛みや痺れが悪化する場合は、筋肉や骨格系の異常が多いです。レントゲンだけでなくMRIのある整形外科を受診し検査診断を受けることをお勧めします。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊柱分離すべり症、腰部脊柱管狭窄症といった骨や椎間板の異常が見つかることがありますし、腫瘍が見つかることもあります。

○痛みが出るきっかけに心当たりはないけれど、何かの拍子に痛み・痺れ・違和感が生じるようになった場合は、とりあえず整形外科を受診してください。できれば、レントゲンだけでなくMRIのある整形外科が良いです。

内科を受診

これといった外傷や事故など思い当たらないのに痛みがあって、動かさなくても痛みがある場合は内科を受診してください。腫瘍・感染症・内臓異常の可能性があります。神経症状がある場合は、脳疾患の疑いも考えられます。

内科か皮膚科を受診

帯状の水疱がでたなら、帯状疱疹の可能性があります。水疱瘡(水ぼうそう・水痘)の帯状疱疹としての再発です。皮膚科か内科を受診してください。
帯状疱疹が治っても痛みが続いている場合は帯状疱疹後神経痛の可能性があります。ペインクリニックでの治療を検討するのも良いと考えられます。

 - 坐骨神経痛の治療

PC用

PC用

  関連記事