神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

坐骨神経痛の画像検査

問診や触診・打診・視診などの診察の後に、より詳細な情報が必要と判断された場合に画像による検査が行われます。画像検査には、単純X線検査、CT検査、MRI検査、造影検査などの検査があります。単純X線検査(レントゲン検査)による診断結果による治療方法で症状に改善しない場合は、CT検査やMRI検査をすることになります。この段階で診断ができない場合は、内科的な疾患を疑って血液検査を行うことがあります。

坐骨神経痛の画像検査

単純X線検査(レントゲン検査)
骨や脊椎の形態に異常がないかを調べます。脊椎分離症や、脊椎分離すべり症などが疑われる場合は、レントゲン検査が有効です。

CT検査(コンピュータ断層撮影法検査)
問診・触診で腰椎すべり症・脊柱管狭窄症が坐骨神経痛の原因として疑われる場合に有効な検査といわれています。体の横断画像(輪切りにした状態の画像)を得るCT検査では、レントゲンよりも詳しく骨の状態を確認することができます。

MRI検査(核磁気共鳴画像法検査)
MRI検査では、椎体・椎間板・硬膜管と神経根・血管・筋肉などの鮮明な画像が得られます。レントゲンでは判断できない椎間板ヘルニアや神経の状態などを知ることができますし、神経の圧迫度合いを知ることもできます。腰部脊柱管狭窄症の診断に用いられることが多くなった検査方法です。MRI検査では、骨盤内腫瘍や脊髄腫瘍が見つかることがあります。

造影検査
坐骨神経痛の検査で造影検査が行われることがあります。造影剤を注入して問題のある病変部を浮かび上がらせて画像を撮影する検査方法で、脊髄造影、椎間関節造影、神経根造影などがあります。

 - 坐骨神経痛の治療

PC用

PC用

  関連記事