神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

坐骨神経痛の病院治療

坐骨神経痛の病院での治療は、物理療法・装具療法・運動療法・薬物療法といった保存療法の治療が一般的です。痛みに対しては対症療法として神経根ブロック注射、重症の場合は手術が検討されることがあります。

坐骨神経痛の病院治療法

物理療法
物理療法とは、温熱療法・電気療法・光線療法・水治療法・牽引治療などの理学療法です。物理療法の目的は痛みの緩和・運動療法を効果的にするための準備・むくみや血行の改善などです。

装具療法(コルセット)
コルセットを使った装具療法は、腰を支える補助と同時に、坐骨神経痛が出る姿勢にならないように動きを制限する治療法です。

運動療法
運動療法とは、体操やストレッチで筋肉の柔軟性・筋力・関節可動域・バランス能力・痛みの改善回復などにより、日常生活での起きる・座る・立つといった活動や歩行などの運動能力を高める理学療法です。腰の状態によって運動内容がちがいますから、医師の指導を受けましょう。

薬物療法
痛みや痺れの症状を軽減したり、血流の改善する薬が処方されます。

  • 外用薬(温湿布・冷湿布)
  • 消炎鎮痛剤(内服薬や座薬で痛みと炎症を軽減)
  • 筋緊張弛緩薬(緊張した筋肉を和らげて痛みを緩和)
  • 末梢循環改善薬(神経組織周辺の血流を改善して痛みを緩和)
  • プロスタグランディン(腰部脊柱管狭窄症の場合に血管を広げて血流を改善)
  • ビタミンB12(末梢神経の傷を修復)

神経ブロック療法
神経ブロックとは、神経や神経周辺の組織に麻酔薬を注射することで、痛みを遮断し、血流を改善し、炎症を鎮めることを目的とした治療法です。

手術
排尿障害・排便障害・強い麻痺・歩行困難といった日常生活に支障がある状態で、保存療法では改善が見込めない場合、また保存療法と薬物療法を薬3ヶ月続けても改善が難しい場合にも手術が検討されます。

 - 坐骨神経痛の治療

PC用

PC用

  関連記事