神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

坐骨神経痛の装具コルセット

コルセットを使った坐骨神経痛の装具療法は、腰部を固定することで、腰を支える補助と、坐骨神経痛が出る姿勢にならないように動きを制限することで痛みを和らげる治療法です。症状が強い坐骨神経痛の急性期などに使用することが多い治療法です。腰痛ベルト(腰痛バンド)は薬局薬店で購入できます。

コルセット・腰痛ベルトを使用する時期と巻く位置がポイントになります。効果を得るには、正しく使用することが大切です。

コルセットの種類

コルセットには軟性と硬性の2種類ありますが、坐骨神経痛には弾力性のある素材の軟性コルセットが使用されます。硬性コルセットはプラスチックや金属などで作られており、圧迫骨折や手術後の腰椎固定に用いられます。

コルセット・腰痛ベルトの使い方(使う時期・巻く位置)

コルセット・腰痛ベルトを使う時期に注意してください。坐骨神経痛の急性期やぎっくり腰など腰痛の初期には大変頼りになる装具です。ただし、長期間の着用によって腰を支える筋肉の機能が低下してしまいます。痛みや痺れが軽減して日常生活に支障がなくなるにつれて、装具に頼らない生活になるようにします。

コルセット(腰痛ベルト)は、いわゆるウエストに巻くのですが、巻く位置によって効果の程度が違うようです。病院や整骨院で巻く位置を相談してください。
コルセット(腰痛ベルト)は、腰痛が楽になる位置に巻けばよいのですが、例えば「助骨に少しかかるくらいのところ」「ベルトライン」「ほとんどお尻」のいずれかの位置に巻くと楽になるはずです。これで腰痛が改善しないなら、コルセットの巻き方かコルセットの種類が間違っているか、そもそもコルセットが有効でない腰の痛みともいえます。医師に相談してください。

コルセットの値段

整形外科など病院で作る医療用コルセットはかなり高価ですが、保険適用です。

※コルセットと腰痛ベルトの違い:コルセットと腰痛ベルトは基本的に同じです。コルセットと言う場合は、整形外科や整骨院などで利用される医療用のものを指します。腰痛ベルトは腰痛バンドという名前でも市販されていて、様々なものがあります。

※骨盤ベルトはコルセット(腰痛ベルト)とは違います。伸縮性のある骨盤ベルトで骨盤を締め付けて、骨盤を正常な形に矯正します。

 - 坐骨神経痛の治療

PC用

PC用

  関連記事