神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

坐骨神経痛のブロック注射

坐骨神経痛の強い痛みが続いたり、理学療法や内服薬などで効果が見られない場合に神経ブロック注射が検討されます。神経や神経周辺に麻酔薬を注射して、痛みを脳に伝える伝達を一時的に遮断して、痛みに関わる交感神経の緊張を緩和します。

神経ブロック注射は、一時的な鎮痛だけでなく、血流を改善したり、炎症を起こした神経の回復を促します。痛みに有効とされていますが、1回で痛みや痺れが全くなくなるような効果が得られることは稀で、複数回の神経ブロック注射になります。症状によって回数は違います。また、神経ブロック注射は技術と経験が必要な治療で、熟練度によって治療結果に違いがあるといわれます。

ぺインクリニックや総合病院の専門医にお願いすることをおすすめします。神経ブロック注射治療を受けるときは、受けるブロック注射の作用・効果・副作用・注射そのものの痛み・注射治療後の注意・疑問点などを確認しましょう。

坐骨神経痛に行われる神経ブロック注射の種類

腰痛や坐骨神経痛に行われる神経ブロック注射には、仙骨ブロック・硬膜外ブロック注射・腰神経叢ブロック注射・神経根ブロック注射があります。痛みの部位と強さと注射そのものの痛みを考慮してどの注射になるかがきまります。

整形外科で多く行われているのが仙骨ブロック注射で、ペインクリニックでは硬膜外ブロック注射です。硬膜外ブロック注射は注射は、麻酔注射してから行うため痛みが殆どないのが利点ですが、硬膜外ブロック注射は透視下(レントゲン透視装置を使った注射)でない場合に1~3割で誤注入があるといわれています。

 - 坐骨神経痛の治療

PC用

PC用

  関連記事