神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

坐骨神経痛の急性期の対処

坐骨神経痛の急性期の対処によって、痛みの緩和だけでなく、坐骨神経痛の悪化を防ぎ、慢性化を防ぐことになります。急性期の症状(急性症状)には個人差があります。日常生活に支障をきたすほどの強い痛みや痺れで辛い症状の人もいます。痛みは腰から足先まで広範囲です。
痛くて歩くのもつらい、横になっていても我慢出来ないほどの痛みの場合は、病院(整形外科)で治療を受けましょう。坐骨神経痛の原因によって治療方法も違いますから、病院で検査を受けましょう。

坐骨神経痛の急性期の対処はは安静が基本です。そして、炎症を抑えるためのアイシング(冷やす)です。とはいえ、坐骨神経痛の急性期は激痛で身動きが取れず安静にせざるをえないほどだったりしますが、絶対安静という訳ではないようです。自分の坐骨神経痛の痛みの程度に応じて活動制限を加減するのが良く、安静にすることの効果を高めるために、体力の低下予防が必要です。

無理に動いたりすると悪化することがありますし、炎症が起きている急性期は、整体・カイロプラクティクス・鍼灸で症状が悪化することもあり逆効果ですから、注意が必要です。坐骨神経痛の急性期の対処には慎重さが求められます。急性期の坐骨神経痛の期間は、通常2・3日から長くて1週間程といわれています。

坐骨神経痛の急性期の注意:やってはいけないこと

  • 意図的に痛みがでる姿勢や動作をして、坐骨神経痛を確認しようとしない。
  • 腰に負担がかかる作業をしない。
  • 長時間座る、長時間歩くなど同じ体勢を続けない。
  • 坐骨神経に負担がかかるような姿勢のあぐらや斜め座りをしない。

 - 坐骨神経痛の対処予防

PC用

PC用

  関連記事