神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

ストレッチで坐骨神経痛対策

坐骨神経痛対策にストレッチが有効とされています。ストレッチは、筋肉の柔軟性を高める、筋肉の緊張を緩和する、血流を改善する、筋委縮を抑制する、関節可動域を広げる、などの効果があります。

坐骨神経痛の原因にあったストレッチをしましょう。ストレッチに筋肉トレーニングを加えると筋肉強化による相乗効果で、より効果的な予防や症状の改善が期待できます。ストレッチで痛みや痺れなど症状が悪化する場合は、速やかに中止してください。

ストレッチで坐骨神経痛対策

 骨格系が原因の坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症では、ヘルニアまたは狭窄部位での坐骨神経の圧迫で痛みや痺れの症状が出ます。腰椎椎間板ヘルニアでは特に後屈姿勢、、腰部脊柱管狭窄症では前屈姿勢で圧迫が強くなり症状が悪化するとされています。
ストレッチで背骨や筋肉などをゆっくり伸ばして緊張をほぐすことで、椎間板や脊柱管への圧迫を軽減し、血流改善により痛みを和らげます。圧迫している部位をかばって他の部位の柔軟性や筋力が低下したり悪い姿勢になりがちです。その予防と改善に、腰だけでなく下肢のストレッチも行います。

 筋肉のトリガーポイントが原因の坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の痛みと間違われやすいのが、トリガーポイントによる痛み(関連痛・筋筋膜性疼痛症候群MPS)です。小殿筋・中殿筋・梨状筋などの筋肉にトリガーポイントが生じると骨盤周囲から脚にかけての痛みがおこります。
硬くなったトリガーポイントのある筋肉をストレッチで緊張をほぐして、伸縮能力と筋力を取り戻し、血行改善によって痛みを和らげます。痛い部位だけでなく下肢のストレッチもすることで、悪い姿勢や他部位の柔軟性や筋力の低下の予防改善をします。

 - 坐骨神経痛の対処予防

PC用

PC用

  関連記事