神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

肋間神経痛の症状

肋間神経痛の症状の特徴は、肋間神経が走っている脊髄から肋骨に沿って起こる突然の鋭い激痛です。肋間神経痛の痛みは発作的に起きたり、慢性的に続けて起きたりします。最大の特徴である刺すような痛みの持続時間は短いのですが、繰り返し起こります。

肋間神経痛の痛みは肋骨が動く胸郭運動によって誘発されたり強くなったりします。痛みを誘発する動作として深呼吸・咳・大声などがあり、体をひねったり伸ばしたりという姿勢を変える動作でも痛みが誘発されます。ひどくなると深呼吸でなくとも普通に呼吸をしただけ、ちょっと体を動かしただけでも激しい痛みが起きたり、痛い場所が移動することがあります。肋間神経から離れたところまで痛くなることもあります。

痛みが肋骨の左右の片側に起こることや圧痛点があることも肋間神経痛の特徴です。肋間神経痛の場合、肋骨に沿った部位や腹直筋(腹部筋肉)を指で押すと痛みを感じる圧痛点があります。

肋間神経痛の痛みは体動で起こります。もし安静時にも痛みがある場合は要注意です。背中が痛いけれど体を動かしても痛くない場合は、肋間神経痛の痛みではなく内臓の病気による関連痛かもしれません。安静時に痛みがある場合や、痛みが治まらず続く場合は医師の診察を受けることをお勧めします。

 - 肋間神経痛の症状原因

PC用

PC用

  関連記事