神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

肋間神経痛の原因

肋間神経痛は症候性肋間神経痛(続発性肋間神経痛)と原発性肋間神経痛(特発性肋間神経痛)があります。症候性の肋間神経痛は、診察や検査によって原因になっている病気や怪我など特定でき、その一つの症状が肋間神経痛の痛みとなります。

症候性の肋間神経痛の原因として、脊髄の病変・神経根の障害・帯状疱疹・背骨(脊柱)の側湾症・内臓異常(関連痛)が考えられています。症候性の肋間神経痛の治療は原因よって異なります。できるだけ早く原因をつきとめて治療を行うことが大切です。

肋間神経痛の原因

 脊髄の病変・障害

脊髄の病変で脊髄神経に圧迫が加わることが痛みの原因になります。圧迫を引き起こす脊髄病変に、椎間板ヘルニア・腫瘍・骨折・脱臼・血腫が挙げられます。

 神経根の障害

胸椎の脊髄部から枝分かれして肋間神経が伸びていますが、その出口部分(神経根)が圧迫されると痛みを生じます。神経根で神経が圧迫される原因としては、骨の変形(椎間板ヘルニアやすべり症など)が原因であることが多く、胸の左右片側に痛みが出ることが多いです。

 帯状疱疹(ウイルス感染)

ウイルスが原因で肋間神経痛を発症する場合があります。殆どの人が経験する水疱瘡(水ぼうそう・水痘)のウイルス(水痘帯状疱疹ウイルス=VZV)は神経節内に潜伏します。このウイルスが加齢や疲労などの免疫低下をきっかけに再活性化して、神経の支配領域に限局して発症するのが帯状疱疹です。さらに発疹や水疱が治っても痛みだけが残ることがあり、これが帯状疱疹後神経痛です

 背骨の側湾症

側弯症とは背骨(脊柱)がS字状に左右に曲がることに加えてねじれも伴うこともある病気です。肋骨にアンバランスが生じて神経を圧迫し、痛みの原因となります。

 内臓異常による関連痛

関連痛とは、 痛みの原因となっている部位と違う部位に 痛みが現れる痛みのことです。内臓の異常による関連痛として肋間神経痛がでることがあります。肋骨に覆われた臓器に心臓・肺・胃・肝臓・すい臓などがあります。各自律神経は背骨から走行しており、内臓の異常が神経を伝わって背骨の筋肉(回旋筋)に影響を与えるとされています。そのために背骨が歪んで神経を圧迫することになり痛みの原因になります。

 - 肋間神経痛の症状原因

PC用

PC用

  関連記事