神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

肋間神経痛の予防方法

肋間神経痛は治ったようでも再発する可能性があります。日頃の生活の中の心がけが肋間神経痛の予防につながります。肋間神経痛がひどくなる前に予防をしましょう。

正しい姿勢を心掛けて、疲れやストレスをため込まないで、体を冷やさないように過ごすことです。肋間神経痛が起こった場合は、楽な姿勢で安静にします。ただし、数分間以上続く強い痛みの場合は、狭心症や心筋梗塞かもしれませんから、すぐに循環器科を受診してください。

肋間神経痛を予防する方法

正しい姿勢を心掛ける
猫背姿勢や不自然な姿勢を続けると肋骨が歪んで神経を圧迫して肋間神経痛の痛みを引き起こします。日常生活の中で正しい姿勢を心掛けることが神経にかかる圧迫を解消して肋間神経痛予防になります。気が付いたら、ラジオ体操の深呼吸の要領で背筋を伸ばしましょう。

体を冷やさない
体の冷えは血行不良になり、肋間神経痛だけでなく他の神経痛やリウマチの人にとって痛みをひどくする原因です。温度調節は大切です。冬の寒さ対策だけでなく夏の冷房対策をしましょう。

食べ物・飲み物に注意
冷たい食べ物や飲み物は身体を冷やします。温度調節だけでなく体を冷やす食べ物や飲み物に注意しましょう。

ストレッチ
同じ姿勢を続けたり不自然な姿勢で歪んでしまった肋骨や背骨、強張ってしまった肋骨筋や背筋などの筋肉をストレッチでほぐしましょう。ただし、痛い時は安静が基本です。

疲れやストレスを解消
肋間神経痛がストレスによって悪化することがあるようです。ストレスや寝不足による体調不良が痛み対する感受性を高めるといわれます。自分に合ったストレス解消法でストレス対策をして、十分な睡眠をとって生活リズムを整えましょう。

 - 肋間神経痛の治療予防

PC用

PC用

  関連記事