神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

三叉神経痛の概要

三叉神経痛とは、俗に顔面神経痛とも呼ばれる神経痛です。顔面が痛むことから顔面神経痛と呼ばれるのですが、顔面神経は顔の筋肉を動かす運動神経で、この神経が刺激されても痛みを感じることはありません。三叉神経は顔面の感覚を脳に伝える働きがありますから、この三叉神経に異常が生じると痛みが起こります。また、三叉神経痛には症候性と特発性があるとされ、症候性としては腫瘍・感染症(帯状疱疹)などが原因の三叉神経痛が挙げられますが、特発性の三叉神経痛の原因は、血管などによる三叉神経の圧迫であることがわかってきました。

三叉神経痛の発症は40歳代以降から増加傾向にあり、女性は男性の2倍程多いとされています。発作的な強烈な痛みが三叉神経痛の特徴的な症状です。三叉神経痛の痛み方としては顔の左右のどちらか片側が痛み、風が当るといった少しの刺激でも痛みの引き金になります。また、季節の変わり目に発作が起きることが多いようです。三叉神経痛の治療としては、薬物療法・神経ブロック・手術療法・定位放射線治療(ガンマナイフ、サイバーナイフなど)があります。
急を要する病気が隠れているかもしれません。病院検査で三叉神経痛の原因を突き止め、適切な治療をすることが大切です。

※顔面神経痛とは、三叉神経痛・顔面けいれん(唇や目蓋(まぶた)がピクピク引きつる)・顔面神経麻痺(唇や目蓋が動かなくなる)といった顔面に起こる症状を指す俗称です。

 - 三叉神経痛とは

PC用

PC用

  関連記事

関連記事はありませんでした