神経痛情報館

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などよく耳にする神経痛の症状・原因・治療・予防対処法をご紹介します

妊婦の坐骨神経痛

妊婦の腰痛や座骨神経痛は珍しいことではありません。もともと腰痛持ちだったり、椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・坐骨神経痛の病歴がある場合は、妊娠中に腰痛や坐骨神経痛が発症あるいは悪化しやすい傾向があります。

妊婦の坐骨神経痛は妊娠中期~後期かけて発症することが多く、痛みには個人差があります。歩けないほどの激痛で辛い思いをする人もいます。妊娠中の坐骨神経痛対策として、妊娠初期からマタニティヨガ・体操・ストレッチなどで筋力や体の柔軟性を高めておきましょう。

出産後になると、緩んだ骨盤がうまく元の状態に戻らなかったり、妊娠中の体重増加や無理な姿勢が腰椎や骨盤を圧迫しやすくなることで腰痛や坐骨神経痛が出やすい状態です。産後のことも考えて体のケアをしましょう。

妊婦の坐骨神経痛の原因

妊娠すると、お腹の赤ちゃんが成長するにつれて、腰椎や骨盤が圧迫されていきます。すると、坐骨神経が圧迫されたり、血行が悪くなったりします。更にホルモンによって骨盤周辺が変化して坐骨神経痛が出やすくなります。

妊婦の坐骨神経痛の治療

妊娠中のひどい坐骨神経痛には、胎児に影響の少ない湿布やビタミンB12などの薬剤が処方されます。妊婦特有の坐骨神経痛は出産後1〜2ヶ月で自然に治るといわれています。薬やサプリメントを安易に利用するのは厳禁です。必ず医師に相談してください。

妊婦の坐骨神経痛の対処法

坐骨神経痛が酷い時は安静にするのが基本です。妊婦の腰痛・坐骨神経痛対策で有名な骨盤矯正ベルトにトコちゃんベルトがあります。トコちゃんベルトは骨盤矯正ベルトで腹帯の代わりにはなりません。腹帯と併用することで、腰椎や骨盤への負担を軽減して腰痛や座骨神経痛の改善や予防がより期待されます。
坐骨神経痛の症状がでたら、温めたり軽いストレッチやマッサージで症状を和らげることができます。日頃から体を冷やさないようにしてください。痛いからと言って動かないのもいけませんから、様子を見ながら体を動かしてください。医師や助産婦に相談してください。

 - 坐骨神経痛と女性

PC用

PC用

  関連記事